つきじ治作

お問合せ・ご予約 TEL:03-3541-2391(代表)

衣装・演出

つきじ治作では都内各所の衣裳会社と提携し、和装から洋装にいたるまで、たくさんのお衣裳を用意しております。

実際に当日の衣裳を着て、メイクやお着付けのリハーサルが可能なサロンもございます。豊富な衣裳点数と充実のサービスで、きっとお客様のお気に入りの一着を見つけていただけます。美容・着付では、おかつら合わせ、リハーサルなど、お客様のご納得いくまでお打ち合わせさせていただきます。

ご披露宴当日は、生涯で一番輝くお姿でお臨みください。

画像をクリックすると拡大してご覧いただけます。

白無垢

伝統の『白無垢角隠』は神聖な美しさ

日本では古来より「太陽の色」とされ、神聖視されてきた白で全身を包む『白無垢』は、その名のとおり“清純無垢”を表す衣装として嫁ぎ先の家風に染まる決意を表していたといわれています。打掛をはじめ、掛下、帯、下着、小物など、身につける全てを白で統一する室町時代から続く伝統衣装は神聖な伝統美にあふれています。つきじ治作では「長寿」「家庭円満」「財産」「子孫繁栄」と、それぞれに思いを込めた4種の白無垢をオリジナルで用意しております。ぜひ、ご両親様にお選びいただいてはいかがでしょうか。

色打掛

伝統の和の色、文様が花嫁を
華やかに際立たせます

日本文化の象徴である和装の中でも、ひときわ華やかなのが『色打掛』です。色や文様は実に様々なものがあり、布地も豪華で重厚感のある唐織や綸子、縮緬、緞子に金銀の箔や刺繍をあしらった華麗なものなど、まさに多種多様。きっとお二人の門出を飾るにふさわしい一枚を見つけていただけます。小物は着物に合わせて色をコーディネートすることもできます。

引振袖

スタイリッシュな優雅さと、
立ち姿の美しさが人気

腰上げ、いわゆる“おはしょり”をつくらず、裾を長く引いて着る振袖は、古くは奥を取り仕切る高い身分の方々の和装でした。また、この「引振袖」は現代風にもアレンジ可能。挙式では高島田に角隠し、ご披露宴では洋髪に変えてアレンジを楽しむのも良いでしょう。

洋装・和ドレス

純和風の邸内に映える洋装の美しさ

“和”のウエディングでもお色直しでドレスにチェンジ。料亭でも洋装は可能です。マーメイドラインからプリンセスラインなど様々なドレスをご用意しております。また、着物の生地を使用した「和ドレス」は料亭ならではのスタイル。凛とした雰囲気も可愛らしい雰囲気も、日本家屋の優しさが包み込みます。

王朝重ね

季節を映す、格調高く優雅な装い

『王朝重ね』は平安時代の貴族の女装束“十二単(じゅうにひとえ)”を元に、現代の花嫁衣裳としてアレンジしたもの。格調高く映える特別なお衣装です。通常の色打掛けと異なり、小袖と袴の上から羽織るようになっており、実際に何枚もの着物を重ねることなく十二単の優雅さを再現することができます。季節の移ろいを表すために幾重にも衣装を重ねたという十二単に習って、お二人の幸せを幾重にも実らせてください。

▲ページトップに戻る